電動車(xEV)向けに軽い電池ケースを提案する──。リョービが電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHEV)を対象にアルミニウム合金製電池ケースを試作し、「人とくるまのテクノロジー展2019」(2019年5月22~24日、パシフィコ横浜)に出展した(図1)。現行の鋼板製電池ケースをアルミ合金に置き換えることで軽くし、電動車の車体の軽量化ニーズに応える。

[画像のクリックで拡大表示]
図1 xEV向けに試作したアルミ合金製電池ケース
重い電池を搭載する電動車両で求められる軽量化ニーズを狙って試作した。(写真:日経 xTECH)

 実用化を狙うのは、量産に向くアルミダイカスト製電池ケース。ただし、今回は試作のため砂型鋳造で造った。試作品を基に自動車メーカーや部品メーカーからニーズを把握し、量産時には金型を造ってアルミダイカストで出来た製品を提供する考えだ。

 試作したのは、[1]PHEV向け、[2]小型EV向け、[3]EV向け、の3種類の電池ケース。[1]のPHEV向けは、底板の付いた一体成形品で、大きさは長さ1220×幅550×高さ150mm(図2)。型締め力が3500tf(約34.3MN)のダイカストマシンで成形できる大きさだ。

[画像のクリックで拡大表示]
図2 PHEV向け電池ケース
型締め力が3500tfのダイカストマシンで一体成形できる最大の大きさで造ったという。(写真:日経 xTECH)

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら