ホンダは、「シニアカー」のコンセプト車を、「人とくるまのテクノロジー展2019」(2019年5月22~24日、パシフィコ横浜)で公開した。

 クルマの免許を返納、あるいは返納を検討している高齢者をメーンのターゲットにした電動車両だという。電動車椅子からの乗り換え需要も見込む。「できるだけ早く実用化したい。価格は30万円以下を目指す」(同社説明員)という(図1)。

図1 シニアカーのコンセプト車「ESMO Concept」
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回のコンセプト車「ESMO Concept」は、車両の床下に着脱式のリチウムイオン電池パックを1個搭載する。同電池パックの総電力量は1kWhであり、1回の満充電で約45km走れる。電池パックを充電する際は取り外し、家庭用のAC100V電源を使う(図2)。

図2 着脱用の電池パック
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら