トヨタ紡織は、光ファイバーを織り込んだ布「表皮」を開発中だ。製造技術の水準を高めて、2層の光ファイバーを織り込むことに成功。従来品よりも複雑な柄を表現可能にした。多色化で鮮やかに見える。クルマのドアトリムやルーフといった内装への適用を想定する。欧州の高級車メーカーや、トヨタ自動車の「レクサス」への供給を目指し、2020年代前半の実用化を目標に掲げる。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら