パソコンのプリンターのように、発光材料をインクジェットで吹き付けて作る有機ELディスプレー。従来の真空蒸着方式に比べると、表示性能や信頼性に課題はあるが、簡便に製造できる方法であることから、期待を集める技術だ。

 インクジェット印刷法は、製造時に真空環境を用意する必要がない。さらに、各色の発光材料を塗り分けるために精密マスクを使用する必要もないため、大面積基板への塗布も容易である。発光材料の使用効率も高い。

 インクジェット印刷方式の有機ELディスプレーは、日本のJOLEDが世界に先駆けて製品化した。今回のSIDの展示会でもジャパンディスプレイ(JDI)のブースに、JOLEDのディスプレーが展示されていた(図1)。

図1 JOLEDのインクジェット有機ELディスプレーの展示
(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 先行したJOLEDを追って、ディスプレー生産の中心地となった中国のメーカーも開発を急ピッチで進めている。今回のSIDでは、華星光電(China Star Optoelectronics)や天馬微電子(Tianma Micro-electronics)が最新の開発品を展示した。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら