2019年は、「折り畳みスマホ元年」と言われる。世界のスマートフォン市場シェア1位の韓国サムスン電子(Samsung Electronics)と同2位の中国ファーウェイ(華為技術)が相次いで、折り畳みスマホを2019年に発売することを宣言したからだ(市場シェアは2019年第1四半期。米IDCの調査による)。

 米国サンノゼで開催されているディスプレー分野最大の学会「SID」の展示会では、今や世界のディスプレー生産基地となった中国のメーカーが、折り畳みスマホへの採用を目指したフォルダブル有機ELパネルを競うように展示した(図1)。フォルダブルは「折り畳める」という意味である。

 世界最大の液晶パネルメーカーの京東方科技集団(BOE Technology Group)、スマホ向け高精細LTPS液晶パネルでシェア1位の天馬微電子(Tianma Micro-electronics)、有機EL専業のビジョノックス(Visinox)、老舗家電メーカーTCLの子会社である華星光電(China Star Optoelectronics)などが最新のフォルダブル有機ELパネルを披露した。

図1 展示会場では中国メーカーが大規模ブースを構えた
展示会場に中央の入り口から入ると、目の前に中国のBOEがブースがあり(写真では手前)、その隣には中国の天馬のブースがあった(同右奥)。(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら