米国サンノゼで開催されているディスプレー分野最大の学会「SID 2019」で、京セラがマイクロLEDの試作について発表した。今回のSIDではマイクロLEDがホットなトピックスであり、シンポジウムの初日と2日目に合計6つのセッションが組まれ、会場は多くの聴衆で埋まった(図1)。

 京セラが開発したマイクロLEDディスプレーの仕様は、以下の通り。画面サイズは1.8型、画素数は256×256、ドットピッチは127μmである。各画素にRGB各色のLEDを配置している。フレーム周波数は240Hz。8ビット階調によってフルカラー表示を行う。輝度は白画面で984cd/m2、コントラストは100万対1以上、色域はNTSC比で117%、Rec.2020比で88%である(図2)。

図1 京セラの発表が行われた、シンポジウム初日のマイクロLEDセッションの様子
(撮影:テック・アンド・ビズ)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 京セラが開発したマイクロLEDディスプレー
(撮影:テック・アンド・ビズ)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら