ドイツ・アウディ(Audi)は、電気自動車(EV)の量産車として第2弾となる「Q2 L e-tron」を発表した。中国専用車で、現地生産して2019年夏に一部顧客に納入を始める。「上海モーターショー2019(Auto Shanghai 2019)」(開催期間:2019年4月16~25日)で車両を披露した(図1~4)。

図1 Audiの小型EV「Q2 L e-tron」
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 リアビュー
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]
図3 内装はガソリン車の「Q2 L」と共通
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]
図4 充電口。右が急速充電
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 Q2 L e-tronはAudiにとって、2018年末に生産を始めたSUV(多目的スポーツ車)タイプのEV「e-tron」に続く量産EVである。小型SUV「Q2」をベースにEV化した。

 広東省佛山の拠点で生産する。同工場は、Audiの親会社であるドイツ・フォルクスワーゲン(Volkswagen、VW)と中国・第一汽車(FAW)の合弁会社が保有する。2019年夏に少量生産を開始し、2020年から本格的に量産するという。同拠点ではe-tronも生産する予定。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら