トヨタ自動車は「レクサス」ブランドに、新たにミニバンタイプを追加する。最上位ミニバンとして、「LM」を開発し、「上海モーターショー2019(Auto Shanghai 2019)」(開催期間:2019年4月16~25日)で車両を初公開した(図1~4)。

図1 レクサス初のミニバン「LM」(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 リアビュー(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]
図3 外観は、レクサス共通の「スピンドルグリル」を採用(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]
図4 横から(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 レクサスはこれまで、セダンとSUV(多目的スポーツ車)を中心に展開してきた。レクサス初のミニバン投入の背景についてLexus Internationalプレジデントの澤良宏氏は、「ユーザーがクルマに求めるものは性能面だけでなく、優雅で広々としたスペースによる究極の快適性になってきた」と説明する(図5)。

図5 上海モーターショー2019で「LM」を発表するLexus Internationalプレジデントの澤良宏氏(出所:トヨタ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ミニバンの旗艦車種となるLMは、「中国と一部のアジア地域で導入する」(トヨタ)計画である。日本での発売は未定。ベース車両はトヨタのミニバン「アルファード/ヴェルファイア」で、内装を中心に差異化した。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら