三菱電機は、独ハノーバーで2019年4月1~5日に開催された欧州最大の産業展示会「Hannover Messe 2019」で、同社が国内では手掛けていないパラレルリンク型のロボットを展示した。オランダCodian Roboticsのロボットを使い、サーボモーターだけ三菱電機製に置き換えて製作した。三菱電機製のモータードライバーで制御できる。ピック&プレース作業を高速にこなせるパラレルリンク型ロボットは欧州では需要が高く、これに対応するために企画した製品という。

超高速にピック&プレース作業をこなす三菱電機ブースのパラレルリンクロボット
オランダCodian Roboticsのロボットをサーボモーターだけ三菱電機製に入れ替えて製作した。(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 ロボット機構部分はCodian Roboticsの製品をそのまま使い、サーボモーターだけ置き換えてある。このため三菱電機製の他のロボットなどと一緒に、同社の制御システムの配下でそのまま活用できる利点がある。実際、今回の展示でも展示台下部に置いた三菱電機製モータードライバーで制御していた。

 「欧州ではすべて自社製品だけというわけにいかない。『e-F@ctory』という旗印で積極的に他社と組み、顧客が望むソリューションを提供している」と話すのはMitsubishi Electric Europe Strategic Planning and Sales Division Manager Factory Automation-Europian Business Groupの原啓氏。その言葉通り、同社ブースでは協業各社とコラボレーションした展示が目立った。

三菱電機ブースに展示された「Poka Yoke」
手作業での組み立てなどの際に、手順に合わせて部品ケース上のランプが点灯したり、蓋が開閉したりするなどして組み立て間違いを防ぐカラクリ。(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 その1つが「Poka Yoke」。ドイツの工業用什器メーカーHandke Industrietechnik Handelsと共同開発した。手作業での組み立てなどの際に、手順に合わせて部品ケース上のランプが点灯したり、蓋が開閉したりするなどして組み立て間違いを防ぐ。日本の工場などでよく見掛けるカラクリだが、手順を確認するセンサーやバーコードスキャナーなどのデータを記録し、単に作業ミスを防ぐだけでなく、作業手順通りに組み立てられているか、ボトルネックはないかなどもデータで分析できるという。イタリアDatalogicの画像認識やレーザー加工の技術を使い、三菱電機の多関節ロボットと組み合わせたデモも展示していた。

イタリアDatalogicとの協業デモ
Datalogicの画像認識やレーザー加工の技術を使い、三菱電機の多関節ロボットが適切な商品をピックアップし、正しい製品かを画像認識で確認し、金属ケースにレーザー刻印を入れる(写真右の黄色のカバーの中)というデモを実施して見せた。(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら