川崎重工業は、独ハノーバーで2019年4月1~5日に開催された欧州最大の産業展示会「Hannover Messe 2019」で同社のロボット技術を中心としたデモを展示した。ブースの中央に構えて目を引いたのは、同社の大型自動二輪「Ninja H2」を軽々と持ち上げ振り回す産業用ロボット「BX300L」の姿だ。

カワサキブランドを象徴する「Ninja」を軽々と持ち上げる迫力の展示
Ninja H2の質量は約260kg。持ち上げる産業用ロボット「BX300L」の可搬質量は300kg。川崎重工ブースにて。(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

ロボットの“KAWASAKI”をバイクと一緒にアピール

 「欧州で“KAWASAKI”といえばやはり高性能モーターサイクルのブランド。産業用ロボットやガスタービンも手掛けているとは知らない人も多い。モーターサイクルのKAWASAKIが産業用ロボットも手掛けていると来場者に知らしめたかった」と、独Kawasaki Robotics Presidentの坂東賢二氏は展示の意図を説明する。

 産業用ロボットのBXシリーズは、最大可搬質量を従来の250kgから300kgに引き上げた「BX300L」を欧州でリリースしたばかり。乾燥質量約260kgのNinja H2を振り回すにはぴったりだったと坂東氏は話す。BXシリーズは主に自動車メーカーでボディなどのスポット溶接作業用のロボットとして使われている。最近はロボットが扱う溶接機が大型化しており、300kgの可搬質量が必要になっているという。

ライトセーバーで華麗な「チャンバラ」を披露した小型ロボット「RS007」シリーズ
川崎重工ブース。(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
RS007のデモで使った新型の「Fコントローラー」
体積比、重量比で7割以上小型化した。(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
双腕の協働ロボット「duAro」で来場者にコーヒーをふるまうデモ
川崎重工ブース(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

油圧サーボをあえて展示、良さを再アピール

 川崎重工はこのほか、小型で高速に動き、同クラスでは最も可動範囲が広いとうたう「RS007」を3台並べ、ライトセーバーを持たせてチャンバラするデモや、双腕の協働ロボット「duAro」を使って来場者にコーヒーを振る舞うデモを見せた。RS007のデモでは、体積比で77%、質量比で72%と従来より大幅に小型化したコントローラー「Fコントローラー」も同時に展示した。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら