オランダNXP Semiconductors社は、ドイツ・ニュルンベルクで開催された「embedded world 2019」(2月26日~28日)にブースを構えて、アプリケーションプロセッサー「iMX 8M」の新製品などを発表した。同社のプロセッサーチップ事業を率いるGeoff Lees氏(Senior Vice President & General Manager, Microcontrollers)にブースで話を聞いた。

NXPのブース。日経 xTECHが撮影
[画像のクリックで拡大表示]

 同氏が開口一番に、今回のembedded worldの目玉として紹介したのが、アプリケーションプロセッサー「iMX 8M」の新製品「i.MX 8M Nano」である(日本語ニュースリリース1)。Nanoの名称から察しが付くように、小型・ローコスト・低消費電力が特徴のプロセッサーICである。i.MX 8M NanoにはCPUコア数や周辺回路が異なる複数の製品があるが、ハイエンド製品で4個のCPUコア「Arm Cortex-A53」をすべて動作させた場合でも、多くのIoTアプリケーションで消費電力は1W未満だという。新製品は2019年第2四半期にサンプル出荷、同年第4四半期に量産出荷をそれぞれ始める予定である。

Geoff Lees氏。日経 xTECHが撮影
[画像のクリックで拡大表示]

14nm FinFETプロセスで製造

 NXPは前回のembedded world 2018では「i.MX 8M Mini」を発表している(関連記事1)。今回発表のi.MX 8M Nanoは昨年発表のi.MX 8M Miniと同じく14nm FinFETプロセス(韓国Samsung Electronics社の「14LPC」)を使って製造する。両者はピン互換だが、今回のi.MX 8M Nanoの方が下位製品となる。例えば、ビデオコーデックや2D GPUはMiniにはあるが、Nanoにはない。インターフェースの本数は総じてNanoの方が少ない。メインCPUコアの「Arm Cortex-A53」の動作周波数はMiniでは1.8GHzだが、Nanoでは1.5GHz。ただしリアルタイム処理用などのサブCPUコアは、Miniの400MHz動作のCortex-M4から、Nanoでは600MHz動作のCortex-M7に強化された。

昨年発表のi.MX 8M Mini(上側)と今回発表のi.MX 8M Nano(下側)の品種展開と主な仕様。NXPのスライド
[画像のクリックで拡大表示]

 新製品のi.MX 8M Nanoの応用範囲は広いとする。インダストリアル/IoTエッジコンピューティング、機械学習、メディア・ストリーミング・アプリケーションなどを挙げる。Lees氏がNanoの特徴として挙げたのが、オーディオ処理や3D GPU(GC7000UL)を使った処理。例えば、Nanoは、ノイズと歪みを低く抑えながら、高音質オーディオストリーミングの最大32チャネルの非同期サンプリングレート変換(ASRC)をハードウエアアクセラレーションできる初めてのチップだという。また、GC7000ULは、グラフィックス処理APIの「Vulkan」や機械学習向けの「OpenCL 1.2」をサポートする。

i.MX 8M Nanoの機能ブロック図。NXPのスライド
[画像のクリックで拡大表示]

 i.MX 8M NanoはCortex-A53ベースのi.MX 8Mの3番目のファミリーだが、今回の取材でLees氏は、2019年中に発表予定の新たなi.MX 8Mファミリーがあることを明らかにした。「詳細はまだ言えない」とのことだったが、2T~3TFLOPSの演算能力があり、4Kビデオコーデックや機械学習を狙う製品だとした。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら