米Texas Instruments(TI)はドイツ・ニュルンベルクで開催された「embedded world 2019」(2月26日~28日)においてプレスカンファレンスを行い、バルク弾性波(BAW:Bulk Acoustic Wave)を使ったクロック共振器を内蔵したICを2製品発表した(ニュースリリース)。1つは無線通信マイコンの「SimpleLink CC2652RB」。もう1つはネットワーク同期IC「LMK05318」である。

Ray Upton氏。日経 xTECHが撮影

 どちらのICもクロック信号源を内蔵したため、水晶発振器や水晶振動子の外付けは不要だ。「今回の2製品は画期的と自負している。例えば、CC2652RBは、外付け水晶発振器/水晶振動子が要らない、業界初の無線通信マイコンである」と、登壇した同社のRay Upton氏(Vice President and General Manager of Connected Microcontrollers)は胸を張った。BAW共振器のクロック信号源を内蔵して、外付け水晶発振器/水晶振動子が不要になったことで、大きく3つのメリットが得られるという。1つ目は、部品コストの削減に加えて、クロック発振回路の設計に費やす時間を省略できること。2つ目は、振動や衝撃などの機械的なストレスに対する耐性が向上すること。3つ目は、周波数が安定でジッターが少ないクロック信号が得られるため、ビット誤り率(BER)が低いデータ伝送や高精度なクロック/データ同期を実現できることである。

無線通信マイコンの「SimpleLink CC2652RB」。TIのスライド
[画像のクリックで拡大表示]
ネットワーク同期ICの「LMK05318」。TIのスライド
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら