独Toshiba Electronics Europeはドイツ・ニュルンベルクで開催された「embedded world 2019」(2月26日~28日)にブースを構えて、東芝デバイス&ストレージと東芝メモリの製品を出品した。このうち東芝デバイス&ストレージは、ひと月ほど前に発表した車載EthernetブリッジICのデモンストレーションを初めて公の場で実施した。

Toshiba Electronics Europeのブース。日経 xTECHが撮影
[画像のクリックで拡大表示]

 今回のブースでは、2つの車載EthernetブリッジICを見せた。「2016 International CES」の際に発表して現在は量産中の「TC9560」(関連記事1)と、2019年1月に発表してサンプル出荷を始めたばかりの「TC9562」(関連記事2)である。どちらも車載機器/システムのホスト(アプリケーションプロセッサーなど)と、車載Ethernetネットワーク間をつなぐ(ブリッジする)。そして、どちらも車載情報通信システムやテレマティクスで使われているEthernet AVB対応に対応している。

量産中の「TC9560」を使った動画転送のデモ。テーブルの手前の画面が送信元。テーブル奥の左側はEthernet AVBで伝送し、送信側と同じ画面になっており伝送遅れがないことが分かる。奥の右側はEthernet UDPで伝送。伝送遅れが大きく、送信側と同じ画面が表示されない。後方のディスプレーにはサンプル出荷が始まったばかりの「TC9562」の説明が表示されている。日経 xTECHが撮影
[画像のクリックで拡大表示]

 ブースで話を聞いた東芝デバイス&ストレージの森弘一氏(ミックスドシグナルIC事業部 デジタル開発第一部 車載デジタル開発担当 参事)によれば、TC9560は北米で3社、欧州で8社の自動車メーカーに採用されているという。「アプリケーションプロセッサーでは米Qualcomm(クアルコム)や米Intel(インテル)が強いものの、どちらも車載ICでの実績はあまりない。一方、我々(東芝)はさまざまな車載ICを提供してきた。車載アプリケーションプロセッサーにEthernetブリッジ機能があったとしても、その機能は使わずに我々のIC(TC9560)を利用するケースもある」(同氏)。

 新製品のTC9562はTC9560の後継品でコストダウンを図ったほかに、Ethernet TSNに対応した品種「TC9562BXBG」も用意した。TC9562BXBGのサンプル出荷が始まったのは2018年12月で、今回のembedded worldで初めてデモンストレーションを実施した。TSN対応になったことで、インフォテインメント/情報系だけでなく、制御系でも、同社の車載EthernetブリッジICの勢力が広がる期待が高まったという。そのTC9562BXBGのデモンストレーションでは930Mビット/秒の帯域を確保していることをアピールした。「Gビット/秒Ethernetをサポートするには実効レートで900Mビット/秒が必要と言われている。この930Mビット/秒は、それを上回っている」(同氏)。

「TC9562」の伝送速度をアピール。実測した930Mビット/秒の帯域をメーターで表示している。日経 xTECHが撮影
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら