ソニーモバイルコミュニケーションズが2019年2月25日に「MWC19 Barcelona」で発表したXperiaシリーズの新製品「Xperia 1」は、これまでのXZシリーズから製品名やコンセプトを大きく刷新したことで注目を浴びている(写真1)。

 本記事ではフラグシップモデル「Xperia 1」のほか、ミッドレンジとして登場した「Xperia 10」「Xperia 10 Plus」「Xperia L3」の詳細を報告する。

写真1●ソニーモバイルが「Xperia 1」など新製品を発表
[画像のクリックで拡大表示]

21:9画面のシネマ体験ができる「Xperia 1」

 Xperia 1は縦横比21:9のディスプレーとソニーのシネマ撮影・映像・音響技術を搭載した新しいコンセプトのフラグシップモデルだ(写真2)。

写真2●Xperia 1の概要
[画像のクリックで拡大表示]

 スマホとして世界初となる21:9の4K有機ELディスプレーを搭載(写真3)。ソニーの「BRAVIA」シリーズの有機ELテレビの技術と、プロフェッショナル向けモニターの技術を組み合わせたという。

写真3●縦横比21:9の4K有機ELを搭載
[画像のクリックで拡大表示]