中国ファーウエイ(Huawei Technologies)が「MWC19」(2019年2月25~28日、スペイン・バルセロナ)の開催前日(同24日)に発表した折り畳み型5Gスマートフォン「HUAWEI Mate X」(関連記事)。この発表会には約1400人(うち報道関係者は約1100人)が参加した。この大聴衆を前にして同社は、HUAWEI Mate Xが内蔵する2次電池の容量は合計で4500mAhであり、これを最大55Wで急速充電できることを明らかにした(図1、図2)。

図1 電池容量は4500mAh
[画像のクリックで拡大表示]
図2 55Wで急速充電、大容量化のペースも急速
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら