2019年5月30日から大阪・梅田で開催中の「関西デジタルイノベーション 2019」(主催:日経BP)では、人気タレントの堀田茜さんが生徒役の特別ゲストとして参加する特別企画「目指せ!AIガールへの道~人工知能は我々の生活をどう変えるのか?!」が催された。先生役の野村総合研究所(NRI) ICT・メディア産業コンサルティング部上級コンサルタントの鈴木良介氏が紹介するさまざまな事例を交え、AIの最新動向やその可能性を来場者と共に学んだ。

人気タレントの堀田茜さん
(撮影:北森 幸)
[画像のクリックで拡大表示]

 特別授業では、まず鈴木氏が、17世紀の画家レンブラントの作品を分析して題材、構図、筆遣いなどの特徴を抽出し、それを基に3Dプリンターが新作を新たに描くAI「ネクスト・レンブラント」を紹介した。これに対して堀田さんは「亡くなった偉大な画家の新作ができるなんて不思議です」とコメント。「ピカソの新作も見てみたいです」と続けた。