日経BP社は2019年2月19日、ザ・プリンスパークタワー東京で、ICTによるデジタル変革をテーマにした大型イベント「東京デジタルイノベーション 2019」を開幕した。今回が初となるイベントで、2月20日まで開催する。

「東京デジタルイノベーション 2019」会場受付の様子
[画像のクリックで拡大表示]

 会場では、人工知能(AI)やIoT(インターネット・オブ・シングス)、ブロックチェーン、セキュリティーといったデジタル変革の中核技術に加え、働き方改革やセールス、保守業務、あるいは建設業、製造業といった領域で起こっているテクノロジーによる変化を一覧できる。口火を切る19日午前10時からの基調講演は、SOMPOホールディングスのグループCDO・常務執行役員の楢﨑浩一氏による「破壊的な新規事業の創出に向けたデジタル変革」だ。

 20日は、GROOVE X代表取締役の林要氏による午前10時開始の基調講演「家族型ロボット『LOVOT』がもたらすデジタルイノベーション 」でスタートし、17時20分からの平井卓也IT担当大臣による「ITがもたらす日本、日本企業のデジタルイノベーション」で締めくくる。

 東京デジタルイノベーション 2019は、Cloud Days、Security、ブロックチェーン WORLD、IoT Solution、働き方改革、ビジネスAI、デジタルモノづくり 春、建設テック 春、SalesTech Summit、フィールドサービス・ソリューションの10の専門展を同時開催。115社が出展・協賛し、85セッションのセミナーを開催する。入場料金は3000円だが、公式サイトで事前登録すれば無料になる。