「ISSCC 2019(International Solid-State Circuits Conference 2019)」(2月17日~21日に米国サンフランシスコで開催)では、A-D変換器に関する14件の発表が2セッションに分かれて行われ、今年(2019年)も割り当てられた大会場に立ち見が出るほどの大盛況となった。A-D変換器は、センサー、無線・有線通信、医療機器、計測器など、あらゆる用途で使われており、技術者や研究者の関心が高いためと考えられる。

 一方で、A-D変換の高速化、高精度化、低消費電力化に向けて、技術は複雑化の一途をたどっており、この分野への新規参入を難しくしている。特に、ISSCCで採択されるためには、性能指標(下図)が過去の記録を塗り替えるほどに高いことが要求されるため、ISSCCで発表できる栄誉を手にする機関は限られている。今年は、14件中、中国University of Macauが4件、台湾MediaTekが3件、ベルギーIMECが2件、ベルギーKU Leuvenが2件と寡占状態となった。

ISSCCで発表されてきたA-D変換器の性能推移。筆者が作図
[画像のクリックで拡大表示]

 近年のISSCCでは、逐次比較(SAR)変換によるμW、nW級の超低電力A-D変換器の発表が技術トレンドとなっていたが、今年のISSCCでは、変換可能な信号帯域が25M~100MHz、変換精度が11~12ビットの、広帯域と高精度を両立したA-D変換器が6件も発表された。これらは、1.3m~29mWと消費電力もそれなりに抑制できている。逐次比較A-D変換器の場合、A-D変換器の消費電力がゼロに近くても、ほかの回路ブロックの消費電力が存在するため、これらの回路も同様に低電力化されない限り、全体として見た電力削減効果は、限定的である。一方、今年発表された上記の6件は、実用上、魅力的な性能を備えており、5Gや次世代の医療機器、産業機器の実現に向け、すぐにでも適用してみたいA-D変換器である。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら