ルネサス エレクトロニクスは、次世代車載マイコンに必要な複数の技術を開発し、それらの有効性を28nmフラッシュプロセスで製造のテストチップで確認した(ニュースリリース)。同社は今回の成果を「ISSCC 2019(International Solid-State Circuits Conference 2019)」(2月17日~21日に米国サンフランシスコで開催)で発表した。

今回の技術を実装したテストチップとその主な仕様。ルネサスのスライド
[画像のクリックで拡大表示]

 ルネサスによれば、クルマの電子回路では、電気/電子(E/E)アーキテクチャーの変化に伴い複数ECUの統合が求められている。それを実現するために、従来は複数のECUのマイコンそれぞれが担っていた処理を1つのマイコンが受け持つようにする必要がある。1つのマイコンで複数のマイコンの処理を行うための技術として、ハイパーバイザーと呼ぶソフトウエアが知られている。

開発の背景にはECUの統合がある。ルネサスのスライド
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら