東京工業大学准教授の岡田健一氏のグループは、28GHz帯を使う5G(第5世代移動通信システム)向けRFチップの面積を半減できる回路技術を開発した(図1)。数百や数千のアンテナ素子を搭載する基地局の小型化や、小型化要求が厳しい端末の低コスト化につながる。消費電力も下げられた。2020年の実用化を目指す。この技術は半導体回路技術の国際会議「ISSCC 2019」(2019年2月17~21日、米国サンフランシスコ)で発表する。

[画像のクリックで拡大表示]
図1 チップ面積半分の5G向けトランシーバーIC
(写真:東京工業大学)

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら