ドイツ・ダイムラー(Daimler)は、メルセデス・ベンツ(Mercedes Benz)ブランドの電気自動車(EV)コンセプト「Concept EQV」を「ジュネーブモーターショー」(一般公開日:2019年3月7~17日)で公開した(リリース)。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
高級ミニバンのEVコンセプト「Concept EQV」(撮影:日経 xTECH)

 同社は2016年にEVの技術ブランド「EQ」を立ち上げ、2017年のIAAでハッチバック「Concept EQA」を発表。2018年9月に初の量産EVとなるSUV(多目的スポーツ車)「EQC」を発表した(関連記事)。今回のConcept EQVの発表で、EVを小型バンにも拡大した形だ。

 Concept EQVの電池容量は100kWh、航続距離は400km。15分で100km分の急速充電ができる。出力150kWのモーターや変速機、電力制御ユニットなどを一体化した小型電動システム「eATS」を前輪に搭載する。最高速度は160km/h。最大8人乗りまで可能。2019年9月の「フランクフルトモーターショー(IAA)2019」で量産モデルを発表する。

 プレスカンファレンスにはDaimler会長のディーター・ツェッチェ(Dieter Zetsche)氏が登壇した。同社は2022年までにメルセデス・ベンツ車のすべてに電動モデルを設定するほか、2025年までに10車種以上のEVを発売する計画である。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
Daimler会長のDieter Zetsche氏は、モビリティーサービスや自動運転開発でドイツBMWと協業することをあらためて説明した(撮影:日経 xTECH)

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら