閉じる

CES 2019

2019年1月8日~11日に米ラスベガスで開催
日経 xTECH

目次

  • ヘアドライヤーもコードレス、カギは赤外線ヒーター

     「あらゆる製品の邪魔なコードがなくなっている。だからヘアドライヤーのコードもなくした」――髪の乾かし方に特化して製品実用化を進める米国のスタートアップ企業、ボロビューティー(Volo Bearty)は、コードレスタイプのヘアドライヤー「the VOLO Go Cordless Dryer」をCES…

  • CES UnveiledにHPのAMOLED搭載ノートやLGの軽量2-in-1が登場

     2019年1月6日(現地時間)、CES 2019のプレイベント「CES Unveiled」が米ラスベガスで開催され、米HPや韓国LG ElectronicsがPCの新製品を展示した。

  • 大きさなんと48インチ、超巨大ディスプレー搭載の量産EV

    中国の新興メーカー「バイトン」が2019年末から生産へ

     その大きさはなんと48インチ――。インストルメントパネル上の全面に液晶ディスプレーを配置したクルマが量産体制に入った。中国の新興電気自動車(EV)メーカー「バイトン(BYTON)」が開発した「M-Byte」だ。2019年末までに生産を開始する計画である。

  • 小糸製作所、2種類の新型ヘッドランプを2020年量産へ

     小糸製作所は、2種類の新型ヘッドランプを開発した。いずれも2020年ごろに量産する計画だ。「CES 2019」(米ラスベガス、2019年1月8~11日)に先駆けて2019年1月6日に開催されたイベント「CES Unveiled」で試作品を公開した。

  • 8Kテレビは米国で何万台売れるか、CES主催者が予測

    CTAのプレスカンファレンスから

     「8Kは日本だけにあらず」――。2018年12月1日から放送が始まった「NHK BS8K」に、シャープが発売した8K放送用チューナー内蔵テレビなど、日本市場が先行するイメージがある8Kだが、米国でも広がりそうだ。

  • 米エヌビディアがTuringアーキテクチャの「RTX 2060」発表、価格は349ドル

     米エヌビディア(NVIDIA)は2019年1月6日(米国時間)、米ラスベガスで開催される「CES」に合わせて記者会見を開き、最新GPUアーキテクチャ「Turing」を搭載するゲーム用グラフィックスカード「GeForce RTX 2060」を発表した。価格は349ドルで、米国では1月15日に発売する…

  • ASUSが世界最小額縁の「ZenBook S13」などPC新製品を発表

     台湾ASUSTeK Computerは2019年1月8日(現地時間)から米ラスベガスで開催される「CES 2019」に合わせてPCの新製品を発表した。

  • 中国発、カンフーに腕立て、音声認識まで可能な変形ロボ

    iFLYTEKのプレスカンファレンスから

     音声認識技術などを手掛ける中国iFLYTEKは、「CES 2019」の開催前のプレスカンファレンスで、自社製品や同社の各種技術を利用したパートナー企業の製品を紹介した。このうち、クルマと人型に変形可能なロボットを紹介。

  • マイコンでAI推論処理を手軽に実行、STマイクロが開発ツールキット

     伊仏合弁 STマイクロエレクトロニクス(STMicroelectronics)社は、同社の32ビットマイコン「STM32」上でAI推論処理を実行するための開発ツールキット「STM32CubeMX.AI」を発表した。STM32CubeMX.AIは、学習済みニューラルネットワークをSTM32上で稼働す…

  • 世界最大の技術展示会CES、自動運転や空飛ぶクルマ、IoT住宅で新技術続出へ

    現地入りした専門記者が見どころを徹底解説

     2019年1月8日(米国時間)に米国ラスベガスで開幕する、世界最大級のテクノロジー関連の展示会「CES 2019」。開幕に先んじて現地入りした専門記者が、見どころを徹底解説する。

  • P&Gが光ってしゃべる「化粧水容器」、背景に脱・売り切り

     「Congratulations!」毎日使い続けると、化粧水のビンが自分をほめてくれる――「CES 2019」に先駆けて2019年1月6日に開催されたメディア向け発表会で、米プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)は容器フタにBluetooth通信機能やLEDなどを内蔵し、スマートフォンやスピーカ…

  • 起亜とMITが自動運転車の未来像、人の感情に合わせて車内を制御

     韓国・起亜自動車(Kia Motors)は、米ラスベガスで開催されるコンシューマーエレクトロニクス関連の展示会「CES 2019」(2019年1月9~12日)において、自動運転車が普及した未来に向けた様々な新技術を公開すると発表した。

  • 旭化成エレが音質を追求した32ビットD-A変換器IC、THD+Nを−124dBに低減

     旭化成エレクトロニクスは、音質を追求した32ビット分解能のD-A変換器IC「AK4499EQ」を発売した。同社の「フラグシップD-Aコンバーター(DAC)」ブランドに含まれる製品である。同社独自の「VELVET SOUND テクノロジー」を採用する。特徴は、同社としては初めてとなる電流出力方式を採…

  • 「パートナー募集中」、ホンダは人混み走るロボットなど要素技術を出展

     ホンダは、米ラスベガスで開催されるコンシューマーエレクトロニクス関連の展示会「CES 2019」(2019年1月9~12日)において、新事業化を目指すロボットや自動車に関する自律走行技術やV2X(車車間・路車間)通信技術、非接触給電技術などで開発中の具体的な技術を出展し、研究開発の促進・事業化に向…

日経 xTECH SPECIAL

エレキ

自動車

製造

もっと見る