コンシューマーエレクトロニクスの世界最大級の展示会「CES 2019」で、自動車関連の出展が集う展示場(ラスベガスコンベンションセンター)の北ホール。その中でひときわ異彩を放っていたのが、米ベルヘリコプター(Bell Helicopter)が出展した「BELL Nexus」である。直径8フィート(約2.44m)の回転翼(ローター)を6つ備えた電動の垂直離着陸(eVTOL)機だ。

 同社がeVTOL機を開発していることは知られていたが、2018年のCESといったこれまでのイベントでは搭乗部など一部しか見せていなかった。今回のCESでその全貌を明らかにしたとあって、その姿を一目見ようと多くの来場者が詰めかけ、搭乗部に乗ったり、写真を撮影したりしていた。

 eVTOL機は、従来の航空機に比べて、運用面での手間やコストが低く、自動車のように手軽に乗れる可能性があることから、「空飛ぶクルマ」と呼ばれる。CESでは、Bellだけでなく、新興企業を中心にさまざまな空飛ぶクルマが出展された。さらに空飛ぶクルマをテーマにしたセミナーが開催されるなど、空飛ぶクルマが徐々に認知されてきた。空飛ぶクルマが「民生機器」になる日も近いと言えそうだ。

「BELL Nexus」の展示には、多くの来場者が訪れた(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら