着るだけで動きをキャプチャー、東大発ベンチャーが市民ランナー向けに19年夏発売

2019/01/25 08:00
宇野 麻由子=日経 xTECH

 スマートアパレル「e-skin」を手掛ける東京大学発のベンチャーのXenomaは、同製品シリーズの6軸センサー(慣性センサー)搭載モデルでモーションキャプチャーを実現する技術を開発し、「CES 2019」(2019年1月8~11日、米国ラスベガス)で展示した。展示したのはスパッツ形の製品で、脚の動きが検知できることをデモしていた。カメラなしでのモーションキャプチャーが可能で、将来的には全身の動きの検出を目指す。既に企業の研究開発向けに提供を始めているとする。動きの解析などの機能を備えたアプリと組み合わせ、スポーツ用として一般消費者に向けて2019年夏に発売する計画だ。

ウエアでモーションキャプチャー
Xenomaのスパッツ形e-skin(写真左マネキンが着用)。6軸センサーを使い、脚のモーションキャプチャーを行う。写真右はAOKIと共同開発を進めるスマートジャケットで、ライナーに6軸センサーが搭載されており、姿勢を検知する
クリックすると拡大した画像が開きます

この先は日経 xTECH有料会員の登録が必要です。

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング