TDKは、200Hz~20kHzの幅広い音域を再生可能な超薄型・高出力のピエゾ・スピーカー「PiezoListen」の開発品を「CES 2019」に出展した。2019年半ばごろに量産化したい考えである。ピエゾ・スピーカーは、薄い板状のピエゾ・アクチュエーターをタブレット端末などのパネルや自動車のダッシュボードなどスピーカー化したいものの裏側に張り付けて実現するスピーカーである。

 ピエゾ・アクチュエーターに電圧を加えると、同アクチュエーターから発生した振動がパネルに伝わって、パネル自身がスピーカーになる。タブレットやノートパソコン、テレビなどのパネル、自動車のダッシュボードなどをスピーカー化する用途を想定する。200Hzより低い音を出す場合は別途ウーファーなどが必要になる。

TDKが出展したピエゾ・スピーカー
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら