「CES 2019」(2019年1月8日~11日、米ラスベガス)におけるテレビの話題といえば、何と言っても8Kだ。CESの主催者である全米民生技術協会(CTA)が開幕前に行ったプレゼンテーション「CES 2019 Trends to Watch Presentation」では、米国における8Kの展開や、NHKが世界に先駆けて2018年12月1日に開始した8K放送が話題となった(関連記事)。

 今回のCESで8Kテレビを展示したのは、ソニー、シャープ注1)、韓国サムスン電子、韓国LG電子、中国ハイセンス(海信)、中国チャンホン(長虹)、中国スカイワース(創維)など。日韓中の主要テレビメーカーがずらりと顔をそろえた(図1~図4)。

注1)シャープは日本で既に発売した、80型、70型、60型の3つの製品を展示した。目新しさはなかったが、CESに4年振りに再登場した意味は大きい。

 中でも世界市場シェア1位のサムスンと2位のLG、そして高級テレビ市場で高い存在感を示すソニーの3社の製品を中心に取り上げ、8Kテレビのトレンドを解説する。ポイントは2つ。(1)表示デバイスにどの技術を使うか、(2)8Kアップコンバートの性能、である。

図1 韓国サムスン電子の98型8K液晶テレビ
プレスカンファレンスで撮影した。
[画像のクリックで拡大表示]
図2 韓国LG電子が展示した88型8K有機ELテレビ
[画像のクリックで拡大表示]
図3 ソニーが展示した85型8K液晶テレビ
[画像のクリックで拡大表示]
図4 中国スカイワースが展示した88型8K有機ELテレビ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら