韓国LG電子(LG Electronics)が「CES 2019」(2019年1月8~11日、米国ラスベガス)で展示した、スクリーンのような巻き取り式の大型有機EL(OLED)テレビ「LG SIGNATURE OLED TV R(R9)」(関連記事「LGがスクリーンのように巻き取れる有機ELテレビを発表」)。同社は巻き取り式のOLEDについて、2018年にはスイートルームで展示していた(関連記事「LG Displayが開発、65型巻き取り有機ELディスプレー」)。2019年内に韓国などで発売するとして、今回は一般に公開した。

1日中巻き取りを繰り返すOLEDテレビ
LG電子のブースでは、OLEDらしき平面ディスプレーの前にずらり5台(前後で計10台)並んだR9が、せり出しては巻き取りせり出しては巻き取り…をずっと繰り返していた
[画像のクリックで拡大表示]

 R9の画面サイズは、ディスプレー全体を露出したフルビューの場合で65インチ。ディスプレーを収納する筐体部分にはアルミニウムを使い、4.2チャネル100W出力のスピーカーを内蔵している。前面には人感センサー(モーションセンサー)を配置し、人が近づくと音やサウンドで待機状態であることを知らせるというが、展示品ではこの機能は切られているようだ。プロセッサーは「α9 Gen2」で、機能などは同時に発表したほかのOLEDテレビとほぼ同じとみられる。

 気になるのはその“裏側”だ。箱からぐぐっと垂直方向に伸びていくように見えるが、あらかじめガイドレールのようなものが出てくるわけではない。柔軟なディスプレーはどうやって自立しているのだろうか。

 同じく曲げ伸ばしするOLEDとしては中国Royoleの折り畳み式OLEDスマホが話題になっていた。デモや展示を見る限り、OLEDにシワや浮きがあるように感じる。それに比べて、R9はディスプレーを全部露出した状態ではきっちりと板状になっているように見える。どのような仕組みなのだろうか。

シワや浮きが感じられるRoyoleの折り畳み式OLEDスマホ
今回のCESで「曲がるOLED」といえば、こちらも大人気だった。シワや浮きのためにどことなく不安を感じるが、タッチ&トライコーナーでは問題なく稼働していたようだ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら