WHILLは1人乗りの超小型のモビリティー「WHILL」に自動運転機能を追加した移動体を「CES 2019」(2019年1月8~11日、米国ラスベガス)で初披露した。

 展示したモデルは販売・出荷開始済みの開発者向けの「Model CR」をベースに改良したもの。左右のひじ掛け部分にステレオカメラ(計2台)と、座面下にLiDARを付加している(図1図2)。これらのセンサーを使い、手動操作時の衝突前停止機能、目的地までの自動運転機能を実現した。

図1 ひじ掛けにステレオカメラを装備
[画像のクリックで拡大表示]
図2 座面の下にLiDARを搭載
[画像のクリックで拡大表示]

 展示では、ところどころに障害物を模したバルーンを置いた2人分の幅の1周できるコースを用意(図3)。来場者に本モデルに搭乗してもらい、衝突防止機能と自動運転機能を体験できるようにした(図4)。途中で乗り捨てると、移動体はスタート地点に自動運転で戻る。

図3 CES 2019での展示の様子
[画像のクリックで拡大表示]
図4 センサーの認識状況
黄色く帯状になっている部分が、障害物を検知している方向で、この方向には進めない。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら