自動運転用3次元レーザーレーダー(LIDAR)の米ベロダイン・ライダー(Velodyne LiDAR)は、近距離の物体を認識する新型LIDAR「VelaDome」を開発した。魚眼レンズを採用することで、水平180度×垂直180度の検知範囲を実現した。主に自動運転車の側方を監視するためのセンサーで、無人運転シャトルなどへの採用を目指す。

 米ラスベガスで開催中の展示会「CES 2019」(2019年1月8~11日)で初披露した(図1)。サンプル出荷は2019年後半を予定する。

[画像のクリックで拡大表示]
図1 新型LIDAR「VelaDome」
水平180度×垂直180度の検知範囲を実現した.

 同社CTO(最高技術責任者)のAnand Gopalan氏は新型LIDARについて、「自動運転車の横をすり抜ける自転車や歩行者の検知が得意」と説明する。無人運転シャトルの左右の側面に、1個ずつ配置することを想定する。検知距離は最大で30m。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら