「早ければ2020年には100万台の自動運転シャトルが公道を走っているだろう。2025年には、その数は250万台に増加する見込みだ」――。大胆な将来予測を披露したのはドイツ・ボッシュ(Bosch)である。

図1 自動運転シャトルは2025年に250万台市場に
Boschは記者会見を開催。北米法人PresidentのMike Mansuetti氏(右)が発表した。
[画像のクリックで拡大表示]

 同社北米法人Presidentのマイク・マンスエッティ(Mike Mansuetti)氏が、米ラスベガスで開催中の展示会「CES 2019」(2019年1月8~11日)に合わせて開いた記者会見で発表した(図1)。

図2 Bosch取締役会メンバーのMarkus Heyn氏
[画像のクリックで拡大表示]

 Boschは自動運転シャトルを使ったモビリティーサービスの市場規模も予測している。同社の取締役会メンバー(Member of the Board of Management)であるマルクス・ハイン(Markus Heyn)氏が数字を明かす(図2)。

 「モビリティーサービスの市場は、世界全体で年率25%で成長する。2022年には1400億ユーロ(1ユーロ=130円換算で18兆2000億円)に達するだろう」。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら