対向車や歩行者の顔に光を照射しないようにしつつ、路上に工事中や雪などのアイコンを表示して運転者に注意を促す――。“芸達者”なヘッドランプを2018年に実用化したのがドイツ・ダイムラー(Daimler)である(図1)。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
図1 ヘッドランプの配光を精緻に制御
歩行者の顔に光を当てないようにした(左)。様々なアイコンを路面に投影できる(右)。(出所:Daimler)

 「DIGITAL LIGHT」と名付けた新型ヘッドランプを、超高級車「メルセデス・マイバッハSクラス」に初採用した。Daimlerは「メルセデス・マイバッハ(Mercedes-Maybach)」を、「メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)」における最高級ブランドと位置付ける。メルセデス・マイバッハSクラスは「Sクラス」をベースに開発し、超高級車に求められる要素を盛り込んだ。

 その要素の一つが、表現力豊かなヘッドランプだった。DIGITAL LIGHTはまず、車載カメラで歩行者や車両、道路標識など周囲の状況を把握し、GNSS(全地球衛星測位システム)で推定した自車位置における路面のスリップ情報をする。これらの情報を基に、ヘッドランプの配光を精緻に制御する(図2)。

[画像のクリックで拡大表示]
図2 カメラで周囲環境を認識
センサー情報をヘッドランプの配光制御に利用する。(出所:Daimler)

 具体的には、歩行者の顔や車両に光を当てないようにし、標識に強い光を照射しないようにして反射光で運転者の視認性を妨げないようにした。路面に雪の結晶を模したアイコンや先行車との衝突の危険性を知らせるアイコンなどを投影して運転者に注意を促す。進む方向を路上に矢印で示し、歩行者や周囲の人に安心感を与えることも可能だ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら