パナソニック代表取締役社長の津賀一宏氏が、米ラスベガスで開催中の展示会「CES 2019」会場で、記者陣からの質問に応じたラウンドテーブル。前回お届けした「テスラとの協業の行方」(関連記事)に続く今回は、津賀氏自らが2018年10月末に宣言した、「パナソニックは何者だ」という命題への答えである「くらしアップデート業になる」(関連記事)という決断の真意を聞いた。社長就任以降、欠かさず訪れているという「CES」会場を今年も早速回り、韓国LG電子(LG Electronics)などの展示を見たという津賀氏に、筆者から次の質問を投げかけた。

「くらしアップデート業」を打ち出したパナソニック同様、今年のCESでは韓国のサムスン電子(Samsung Electronics)やLG電子なども「ホーム」を重点領域として鮮明に打ち出している。サムスン電子やLG電子など他の電機メーカーに対してパナソニックの優位性はどこにあるのか?

パナソニック代表取締役社長の津賀一宏氏

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら