米インテルは2019年1月7日(現地時間)、米ラスベガスで開かれる家電見本市「CES 2019」に先駆けてプレスカンファレンスを開催し、10nmプロセス採用の次世代プロセッサー「Ice Lake」やデータセンター、5Gへの取り組みについて最新情報を発表した(写真1)。

写真1●インテルがCES 2019プレスカンファレンスを開催
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

「依然としてPCは最重要のタッチポイント」

 発表会には上席副社長兼クライアント・コンピューティング事業本部長のグレゴリー・ブライアント氏が登壇(写真2)。インテルの事業領域の変遷について「PCを主体とした会社から、データセンターの会社に変わろうとしている」と紹介する一方、PCについては「依然として最重要のタッチポイントで、大半の人が業務を遂行するのにPCを使っている」と指摘した。

写真2●米インテル上席副社長兼クライアント・コンピューティング事業本部長のグレゴリー・ブライアント氏
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら