2019年1月8日(米国時間)に米国ラスベガスで開幕する、世界最大級のテクノロジー関連の展示会「CES 2019」。開幕に先んじて現地入りした専門記者が、見どころを徹底解説する。空飛ぶクルマ、自動運転、VR/AR、ウエアラブル、IoT住宅、アンビエント(環境)コンピューティングなどで著しく技術が進化する。

CES 2019の会場となっているLVCC
(写真:日経 xTECH編集部)
[画像のクリックで拡大表示]

 自動車関連の出展が増え、「Car Electronics Show」と言われて久しいCESだが、これまでの自動車とは異なる新しいモビリティー(移動手段)の発表の場になっている。前回の2018年のCESでは、米インテル(Intel)の基調講演に、同社投資子会社の米Intel Capitalが出資する独ボロコプター(Volocopter)の電動の垂直離着陸(eVTOL)機が登場。その浮上デモを見せて、来場者の度肝を抜いた。eVTOL機は、従来のヘリコプターなどに比べて、自動車のように手軽に利用できることから、「空飛ぶクルマ(Flying Car)」とも呼ばれ、注目を集めている新モビリティーである。

 今回のCESでも、こうした空飛ぶクルマに注目が集まる。例えば新興企業では、日本人とイスラエル人夫婦の起業家が立ち上げた米NFTが出展する。地上も走行できるeVTOL機を開発中で、CESでその進捗を明らかにする。eVTOL機ではないものの、オランダの新興企業PAL-V Internationalが空飛ぶクルマを出展する。地上を走行する「ドライブモード」と空中を移動する「フライトモード」を備え、フライトモードでは、「ジャイロプレーン(ジャイロコプター)」として飛行する。

 大手企業では、ヘリコプターなどの航空機を手掛ける米Bell Helicopter(ベルヘリコプター)が、プレスカンファレンスを開催。現在開発中のeVTOL機の進捗を明らかにするもよう。同社は人を乗せるeVTOL機の他に、100kgを超えるような重い荷物を運べる物流向けeVTOL機も開発中である。日本では宅配便大手であるヤマトホールディングス(YHD)とタッグを組んでいる。同社のプレスカンファレンスやブースでは、こうした「空飛ぶ宅配便」も発表・出展されるだろう。

 陸に目を向けると、個人が乗る新しいタイプの「パーソナルモビリティー」の提案も増えそうだ。例えば独シェフラー(Schaeffler)は、グループ企業である独Schaeffler Bio-Hybridが手掛ける「Bio-Hybrid」を出展する。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら