IoT(Internet of Things)のエッジ側でデータの収集や分析を担うコンピューターとして、産業用PC(IPC:Industrial PC)が注目されている。そんな中、コネクターを主力製品としながらIPCに参入したのがドイツHarting(ハーティング)だ。専業メーカーがひしめくIPCで、同社はどう差異化していくのか。IPC事業を統括するJan Regtmeier氏に聞いた。(聞き手は、高野 敦=日経 xTECH/日経エレクトロニクス)

HartingはなぜIPCに参入したのか。

Regtmeier 我々のコネクターが使われている工場などでは、古い機械がたくさん稼働している。それらをIoT化するには、コネクターが必要になる。それだけでも我々には追い風だが、新たなビジネスチャンスにも着目した。それがIPCだ。エッジ側でデータの収集や分析に使えるIPC「MICA(ミカ)」を製品化した。MICAは、クラウドのITシステムとエッジの機械をつなげるゲートウエイの役割も果たす。

産業用PC「MICA」
センサーデータの入力ポートを複数備えるものや、無線通信が可能なものなど、さまざまな機種をそろえている。(出所:Harting)
[画像のクリックで拡大表示]

 MICAは既に多くの分野で採用されている。例えば、射出成型機で稼働データの収集に使っている事例が挙げられる。もともと射出成型機にない振動や音などのデータが欲しい場合、センサーを取り付けてデータを集めることになる。その際、我々はデータ収集に必要なコネクターも一緒に提供できる。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら