韓国・現代自動車(Hyundai Motor)は2018年11月28日、「ロサンゼルスモーターショー(2018 Los Angeles Auto Show)」(一般公開日:2018年11月30日~12月9日)で、中型SUV「Palisade」を発表した。3列シートの8人乗りSUVで、外形寸法は「Santa Fe」よりも大きく、北米市場における同社の主力SUVとなる。

(写真:Hyundai Motor)
[画像のクリックで拡大表示]

 大きなカスケードグリルの存在感のあるフロントデザインと、幅広で安定感のあるリアデザインを採用した。ルーフラインは後ろに向かってやや下がっているものの、3列目シート乗員の頭上空間を確保するため下がり方は少なく、ルーフ後端にスポイラーを配置したので、ボックス型のような形状である。ただし、寝かせたフロントピラー、リアルーフスポイラー、車両底部のアンダーカバーやホイールのデフレクターなどにより空気抵抗を抑え、Cd値は0.33となった。

車両底部の空力改善部品
(写真:Hyundai Motor)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら