伊仏合弁STMicroelectronics(STマイクロ)は、「electronica 2018」(ドイツ・ミュンヘンで11月13日~16日に開催)に構えた同社ブースで、鉄道車両のベアリングの状態解析にAI技術を適用するデモンストレーションを見せた。electronicaでは、今回、初めてAIが重点テーマに選ばれており(関連記事1)、STMicroブースの中でも見る人が多いデモとなっていた。

デモンストレーションを行ったコーナー。日経 xTECHが撮影
[画像のクリックで拡大表示]

 このデモは、同社と、鉄道用センサーなどを手掛ける独Lenord, Bauer & Co(ブランド名は「LENORD+BAUER」、ホームページ)が共同で行った。鉄道車両のベアリングやセンサーはLENORD+BAUERが用意し、センサーで検出した振動波形をSTマイクロが用意したシステムで解析し、その結果をPC画面や3色ランプで示すという内容である。こうした解析を行うことで、保守作業の効率化を狙う。

ベアリングの状態解析結果をPC画面に表示したり(手前)、ベアリングが入ったガラスケースのLEDで示したりする。この写真では、LEDの色は、注意を促す「黄色」になっている。日経 xTECHが撮影
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら