パナソニックは、ロボットやAGV(無人搬送車)などに向けたToF方式の距離画像センサー(ToFセンサー)の次世代品を開発し、「electronica 2018」に出展した。特徴は、3次元(3D)の距離画像と2次元(2D)のモノクロイメージ(画像)を同時に取得できること。これにより、物体の認識精度の向上につながるという。20m前後までを高精度に認識できるとする。加えて、3Dデータを取得するセンサー(受光素子)と2Dのイメージデータを取得するセンサー(受光素子)を別々に用意する場合に比べて、実装空間の削減が可能になる。両センサーを同一光軸上に配置できるので、別々に実装する場合に比べて、光軸のずれを補正する処理を省略しやすい利点もある。

3Dの距離画像と2Dのモノクロイメージを同時に取得できるToFセンサーによるデモ。写真の左上にある黒い物体が同センサー(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 説明員によれば、パナソニックは、3Dデータだけを取得するToFセンサーを、既に民生機器向けで量産済みだという。「これまで積極的に情報発信していないこともあって、パナソニックがToFセンサーを量産していることは、実はあまり知られていない。だが、AGVやロボット向けなど、今後さまざまな分野に拡販するに当たり、展示会に出展するなど、積極的にアピールしていく」(説明員)考えだという。なお、搭載された機器について詳細を明かしていないが、スマートフォンの顔認証機能で採用された可能性が高い。今回開発した、3Dと2Dを同時に取得できるToFセンサーは現在サンプル出荷中で、2020年の製品化を目標に掲げている。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら