米Maxim Integrated(マキシム)社は、第3世代のリファレンスPLC(Programmable Logic Controller)/IoTプラットフォームとして「Go-IO」を発表した(日本語ニュースリリース)。同社は、ドイツ・ミュンヘンで開催されたエレクトロニクス関連の国際イベント「electronica 2018」(11月13日~16日)にブースを構えて、同リファレンスPLCを使った産業用ロボットのデモンストレーションを行った(3ページめに動画あり)。

デモンストレーション装置の前に立つMaximのJeffrey DeAngelis氏(Managing Director, Industrial & Healthcare Business Unit)。手に持っているのが、第3世代のリファレンスPLCの「Go-IO」。日経 xTECHが撮影
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら