ドイツSamsung Semiconductor Europe(サムスン・セミコンダクター・ヨーロッパ)は、車載向けCMOSイメージセンサーやインフォテインメント向けSoCを「electronica 2018」に出展した。韓国Samsung Electronics(サムスン電子)は、イメージセンサーを「ISOCELL Auto」、SoC(アプリケーションプロセッサー)を「Exynos Auto」と名付けて車載分野に本格的に打って出ることを2018年10月にアナウンスしたばかり(プレスリリース)。いずれもモバイル分野で培った技術を基にしていることから、スマートフォン向けイメージセンサーの「ISOCELL」ブランドやアプリケーションプロセッサーの「Exynos」ブランドを付けている。イメージセンサー首位のソニーが、モバイル分野を足掛かりに車載分野に進出したのと似た構図といえる。

「ISOCELL Auto」のデモ
(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら