韓国・起亜自動車(Kia Motors)は、「デトロイトモーターショー(NAIAS)2019」(一般公開日:2019年1月19~27日)で、2020年型の大型SUV(多目的スポーツ車)「テルライド(Telluride)」を公開した。2019年3月までに米国で生産を開始し、同年4月に同国で発売する予定である(図1)。

図1 2020年型の「Telluride」
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は2018年から、米国で売れる車種を集中的に投入する戦略を打ち出している。今回の新型車は、その戦略に沿った車両の1つである。米カリフォルニア州にある同社のデザインセンターが開発した。8人乗りの3列シート車で、競合車と差異化するため外観を角張ったデザインとした(図2)。

図2 横から
[画像のクリックで拡大表示]

 同社によると競合車は、米フォード・モーター(Ford Motor)の「エクスプローラー(Explorer)」や欧米フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の「ジープ・グランドチェロキー(Jeep GrandCherokee)」、米ゼネラル・モーターズ(General Motors:GM)の「シボレー・トラバース(Chevrolet Traverse)」、トヨタ自動車の「ハイランダー(Highlander)」などになるという。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら