ドイツ・フォルクスワーゲン(Volkswagen、VW)は、「デトロイトモーターショー(North American International Auto Show:NAIAS)」(一般公開日:2019年1月19~27日)で、2020年型のセダン「パサート(Passat)」を公開した。北米専用車であり、2019年夏に米国で発売する。

 今回の車両は部分改良車でありながら、外観のデザインを変更した他、予防安全機能を強化したのが特徴である。外観デザインでは、フロントグリルなどのデザインを大きく変えた。ヘッドランプはLEDに変更した(図1)。

図1 2020年型「パサート」
[画像のクリックで拡大表示]

 予防安全装備では、[1]前方衝突警告付きの自動ブレーキ、[2]死角に入った車両などを検知する「ブラインド・スポット・モニター」、[3]自車の後方左右から接近する車両を検知して警告する「リアクロス・トラフィック・アラート」などの機能を標準搭載した。この他、先行車追従(ACC)や車線維持支援、駐車時のステアリング支援などをオプションで設定できる。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら