AI(人工知能)、IoT(Internet of Things)、ロボティクス、ブロックチェーンといった革新的なテクノロジーの進化と共にやってくる「デジタル時代」――。これをどう生き抜くかが、あらゆる業種で共通の課題となっている。「日経 xTECH EXPO 2018」(2018年10月17~19日、東京ビッグサイト)の基調講演では、各業界の有力企業であるSOMPOホールディングス、オムロン サイニックエックスからキーパーソンを招き、5年後の社会を形づくる技術の展望を聞いた。

「日経 xTECH EXPO 2018」の基調講演で実施した公開取材(撮影:菊池 一郎、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
SOMPOホールディングスグループCDOで常務執行役員の楢﨑浩一氏
[画像のクリックで拡大表示]
オムロン サイニックエックス代表取締役社長兼所長の諏訪正樹氏
[画像のクリックで拡大表示]

5年後の近未来、社会や産業の構造はどう変わる。

オムロン 諏訪氏 ヘルスケアやモビリティーなどの技術を幅広く手掛けているのがオムロンの特徴である。5年後の世界を考えると、特にクルマでは自動運転化が一層進む。しかし、まだ人間が運転に関与する技術水準にとどまりそうだ。機械と人間が共存して運転できるように、オムロンでは運転者の状態を監視するセンサー技術の開発を進めている。緊急時に運転の権限を車両から運転者に滑らかに移せるように、運転者が何をしているのかクルマが把握する必要があるからだ。

 製造業の全体に関わる問題として避けられないのが高齢化だ。特に日本では、5年後は今よりも深刻さが増す。熟練した技術者の数がどんどん減っていく中で、いかに機械を一連の開発・製造プロセスの中に組み込めるかが重要になりそうだ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら