「スカイアクティブテクノロジー(SKYACTIV TECHNOLOGY、以下SKYACTIV)はモデルベース開発(MBD)という考えがあったからこそ成功した」──。マツダ統合制御システム開発本部首席研究員の足立智彦氏が2018年10月17日、「日経 xTECH EXPO 2018」(同年17~19日、東京ビッグサイト)の特別講演に登壇した。極めて少ない開発人数であるにも関わらず、エンジンと車両を合わせた刷新技術であるSKYACTIVの開発を成功させた鍵が、「マツダ流MBD(Model Based Development)」にあると語った。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら