「日経 xTECH EXPO AWARD 2018」が発表された。最優秀であるグランプリにはインテルの新しい不揮発性メモリー技術「Intel Optane DC」が選ばれた。

審査員から高く評価されたインテルの不揮発性メモリーモジュール「Optane DC persistent memory」
[画像のクリックで拡大表示]

 Intel Optane DCの中で審査員から最も高く評価された「Optane DC persistent memory」は、DRAMに準じるアクセス速度の不揮発性メモリー「3D Xpoint」を搭載した、企業向けストレージ/メモリーモジュール。サーバーのメモリースロットに差し込むことで、Tバイト級の不揮発メインメモリーを比較的安価に実現できる。長らくDRAMをメインメモリーとしてきたコンピュータのアーキテクチャーを一変させるインパクトを持つ製品と高く評価された。

インテルブース
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の日経 xTECH EXPOでインテルは、Optane DC persistent memoryの実機を持ち込み、同社ブースで展示している。試作品であるため、メディアを含めて写真の撮影や公開が禁じられている。次世代メモリーの唯一無二の現物が見たければ今すぐブースに駆けつけるしかない。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら