米Avatar Integrated Systems(アバター)は、「Arm TechCon 2018」(2018年10月16日~18日に米San Jose市で開催)の展示会にブースを構えて、7nmプロセス向けに最適化したICレイアウト設計用EDAツールをアピールした(ニュースリリース)。ツールは2つあり、1つがICの詳細配置配線(レイアウト)設計用EDAツール「Aprisa」、もう1つがフロアプラン設計用ツール「Apogee」。主力製品は前者のAprisaである。

Henry Y. Chang氏。手に持つのは、Arm TechCon 2018の「Design Team of the Year」受賞記念の盾である。日経 xTECHが撮影
[画像のクリックで拡大表示]

 どちらのツールも、以前は米ATopTechが扱っていたものだ(例えば、関連記事)。それをAvatarが扱うようになった経緯を、AvatarのHenry Y. Chang氏(VP, Product Management R&D)はブースで次のように説明した。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら