米Eta Compute(エタ)社は、「ARM TechCon 2018」(2018年10月16日~18日)の展示会にブースを構えて、AI推論処理SoC「TENSAIチップ」と、このSoCを搭載した評価ボード「TENSAIプラットフォーム」を発表した(ニュースリリース)。エッジデバイスやモバイル機器に向けたSoCである。

「TENSAIプラットフォーム」。中央右にあるのが「TENSAIチップ」。中央左は周辺制御用の米Intel社のFPGA「MAX10」である。筆者撮影
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら