ローソンは、RFIDタグを用いた自動決済によってレジ無しで商品を購入できる「未来のコンビニ」のデモを「CEATEC JAPAN 2018」(2018年10月16~19日、幕張メッセ)で展示した。トートバッグに入れた商品を出口のゲートに通すと、商品に付いているRFIDタグを読み取ることで、レジ打ちや金銭授受をせずに会計できる。2025年までにローソン全店舗での導入を目指す。会場では、多くの体験希望者が行列を作っていた。

ローソン出展ブースの様子
[画像のクリックで拡大表示]

 商品購入の流れは次のようになる。まず、事前にローソンのCEATEC専用アプリか、楽天の「楽天ペイ」アプリをインストールし、アプリ内であらかじめクレジットカードを登録する。次に、通常のコンビニと同じように店内に並んだ飲食物や日用品を手に取り、袋に入れて出口へ進む。最後に、アプリで表示したQRコードを出口のQRコードリーダーにかざし、商品の入った袋をゲートに通しながら店を出れば完了だ。アプリでは、購入履歴とレシートが確認できる。

商品購入の流れ
[画像のクリックで拡大表示]
ローソンのCEATEC専用アプリでQRコードを表示している様子
本アプリはローソンのスマートフォン向け決済アプリ「ローソンスマホペイ」をもとに開発したもの。
[画像のクリックで拡大表示]
店内の商品にはRFIDタグが付いている
[画像のクリックで拡大表示]
黄色の丸が商品を通すゲート、赤丸の部分がQRコードリーダー
商品は、壁と白い衝立の間の部分を通す
[画像のクリックで拡大表示]
2カ所のセンサーでRFIDタグを読み取り、商品の通過を確認する(赤丸がセンサー部分)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら