三菱電機は、後方100mまでの車両をクルマの電子ミラーで高精度に認識できる安全運転支援システムを、「CEATEC JAPAN 2018」(2018年10月16~19日、幕張メッセ)に出展した。高速道路などで車線変更する際に、後方から接近する車両を検知して警告を出せる。「レベル3」以上の自動運転における自動車線変更システムへの応用を目指す(図1)

図1 後方100mの車両を検知するデモの様子
[画像のクリックで拡大表示]

 電子ミラーは、クルマのドアミラーをカメラとモニターで置き換えるシステム。2018年に実用化が始まる現在の電子ミラーは一般に、遠方車両の認識が難しいと指摘されている。広い範囲をカバーするために広角カメラを使うことが多く、遠方の車両が小さく映るためである。

 そこで同社は、人間の脳が持つ視覚認知の仕組みを、カメラの画像処理に応用した。具体的には、「目立つ物体」に対して高い感度を持つ人間の視覚と同様に、電子ミラーで捕えた画像の中から遠方の“目立つ領域”(コントラストの変化が大きい領域など)だけを抽出するようにした(図2)

図2 画像中の目立つ領域だけを抽出する
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら