「パソコン、スマートフォンの次はパーソナルロボットになる」――。CPS(Cyber-Physical System)/IoTの総合展である「CEATEC JAPAN 2018(2018年10月16~19日、幕張メッセ)の基調講演に登壇した、Preferred Networks(PFN) 代表取締役社長で最高経営責任者の西川徹氏は、民生分野の次のけん引役に対する見解をこう述べた。コンピューターの歴史になぞらえて、現在、ロボット分野は「パソコン登場前夜」(西川氏)の状態だとした。すなわち、まもなくパーソナルロボの時代が幕を開ける。

講演するPFNの西川氏(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 パーソナルロボット成功のカギを握るのが、PFNが強みを持つディープラーニング(深層学習)技術だという。深層学習による、多様な環境の「抽象化」によって、さまざまな環境やタスクに対応できる使い勝手の高いロボットを実現できる。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら